アメリカ留学 なんでL.A?その1
アメリカは西海岸ロサンゼルスで絵描きをめざした一人の小娘の奮闘記みたいなんにするつもり。留学目指してる人の参考になったら幸いです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はアートの勉強がしたくてアメリカに留学をしたのですが、よくいろんな人がイメージで、というかアート関係者にもよく聞かれたりするんですが、なぜアートでLAなのか?とい質問をよくされます。

なんでアートでLAなのか?まー勿論なにも考えずにアメリカに来るほど私はバカでも金持ちでもないです。

めちゃくちゃつらかった日本での貯金期間をへてきてます自分でためた大事なお金をその辺によくいる遊学生みたいにカリフォルニアは日本人が沢山いるから大丈夫ーみたいなあほな理由ではもちろんありません。

じゃあなぜL.Aなのか?
なぜなら今アメリカで自分が一番成功しやすいのはL.Aだからという戦略的選択です。これから留学を考えている方へのアドバイスになるのですが場所選びはすごく大事です。自分が何を勉強したいのか?アメリカは場所によって同じ国とは思えないくらい環境に大きな差があります。

さて話はそれましたが、まずNYにしなかったのはなぜか?日本人はアートといえばNYを思い浮かべがちです

があふれすぎて実際路上で生活してるアーティストさえいるくらいアーティストの需要はありません。

NYは古くからのギャラリーがすでに市場を形づくりそしてそういうギャラリーは新しい風はもとめていません。結果若手の出る幕などない状況が出来上がります。何よりアメリカは本当に学閥社会でそういった経歴のあるギャラリーはミッドキャリアアーティストという大学院卒をでて個展歴のあるアーティスト以外の作品を見ることはありません。

なんでアートで成功するならNYというのはそう正解ではありません。

おそらく他で成功したのちNYで集大成というのがむしろ王道だといえますだからといってNYがアートな街である事は事実で本当に刺激をうける素敵な街ですよ

↓ランキング参加中。他のサイトのリンクもあるからのぞいてみてちょーらい


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jpaart.blog72.fc2.com/tb.php/2-cf156c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。