アメリカ留学
アメリカは西海岸ロサンゼルスで絵描きをめざした一人の小娘の奮闘記みたいなんにするつもり。留学目指してる人の参考になったら幸いです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はグループ展の搬出をしてきました。

かわいいわが子(作品)を一部里子に出したわけなんですが、結果はまーまだまだ頑張らないとって感じでした、今日は売り上げでコリアンタウンで焼肉を食べてきましたよ。

ふー今日はもうお疲れなんで寝ますねー。

てかこのサイトほんとに留学生のためになってるのかなあー

そのうち警察に軽犯罪でつかまったのを裁判で交通違反まで格下げさせ罰金も9割減にさしたはなしやらなんやらアメリカお役立ち情報をのせていくつもりなんでよかったらだれか気軽にコメントくださいね。

↓ランキング参加中。他のサイトのリンクもあるからのぞいてみてちょーらい


ほいほい、まーベタな話なんですが。

こっちで生活しているとやはり英語力は高ければ高いにこしたことはないです。

なんでまー留学生やOB,OGが集まるとどんな英語の勉強をしたかという話題になります。

マー色々よく聞く話があるんですがその中からいくつか参考になりそうなものをピックアップしますね

まずはNHKラジオ英会話、これをやっていた人は相当聞きますし、なによりお金がかからないです、初心者レベルからついていけるのもかなり魅力ですね

次に映画とか、じっさいアメリカで生活し、アメリカの番組ばかりみているとリスニングは結構のびます。私は最初スポンジボブをよくみていました。今ではセックスアンドザシティ、フレンズ程度のドラマなら(日常会話れべる)なら普通に楽しみながらみれます。あんでこれはお勧めですね、特にフレンズなんかのDVDを買って最初は字幕で内容覚えるくらいまでみて、それから字幕なしでこれまた何回もみるというのがお勧めです。
同じ教材を何度も使うのは本当に効果的で100本新しいビデオを買うよりフレンズを100回見たほうがかなり効果があります。

これから留学する人であればTOEFLの勉強法がきになるところでしょう。

TOEFLは500位なら正直英語力よりもコツによる要素も関わってきます、じっさいアメリカ人でも取れない人はそんなにとれないらしいです。
なんでまーまず第一に何回か受けて見る事が大事です。
後TOEFLの問題は勿論すべて英語なので勉強の時点から英語のテキストを使うのが私はお勧めです。

後はですねー私が日本にすんでいた頃は留学生センターのようなところでボランティアをしてみたりすると情報なども集まりやすかったです。

あとは割りと怪しいキリスト教教会に英語のクラス(無料)をとりにいっていました。

アイリッシュパブのような場所で友達を作る事もお勧めですが、実際アメリカ人やそのた欧米諸国の人間の中には日本人にたいして、イージーガール的なイメージを持っている人も少なくないですし、遊ばれてぽいなんていう話は山のようにあります。日本人としての誇りをもって節度のある行動でお願いします。

たったの90日で英語が通じるようになります

はいパート3でーす

随分ながくなってきたんですがーその3ではさらにアパートを探す上で日本人留学生にとって私的にもっともお勧めぱたーんである
ルームシェア

アメリカの学生は一般的に友人同士またネットなどで探したいわゆるルームメイトと暮らしたりするケースが一般的です

そしてこのルームシェアのメリットやはり年の近いネイティブスピーカーと共同生活できるということです。やはりホストファミリーなどよりは気を使わないケースが多いですし繊細な日本人にとってそれが凶とでるケースがないわけではないです。

実際私は以前アメリカ人女性とルームシェアしていましたが(彼女のアパートで)彼女は彼氏ができたからというなんとも理由にならないような理由で2週間後までにでていくことを宣告し私を追い出しました。

ですがそのようなケースはまれで大体は問題なく生活していける事が多いとおもいますし、何より英語力の向上にはよい環境といえるでしょう。

実際日本人同士でアパートを借りていると少し無理に詰め込んだりなどで部屋代が安くうきますし、なにより安全です、なので正直私は強くネイティブスピーカーとのシェアを押すわけではないですが、せっかく留学するわけですし一度は彼らと生活し彼らがどのように面倒くさいか、また逆にいかに親切かということをまなべます。

ルームメイトをさがすホームページなんかはそのうちリンクにアップします(^_^)

希望があればゆっくりでにはなりますがアメリカ生活お役立ちリンク集を作ろうとおもってるんでお勧めがあれば教えてください。

逆に質問なんかがあっったらコメントのこしてくれたら随時答えていきまーす

えっとあとアパートじゃないんですが四年制の大学であればドミトリーがついていることが多いです。

寮は引きこもりになりずらくアメリカ人のパーティを多く経験でき、また大体アパートの相場より安いので入れるならばよい経験になるとおもいます。

ただ一部屋でアメリカ人と生活するといのは正直日本人には少々つらい瞬間がある事もお忘れなく。

アパートの事は話す事が半端なくあるのですがまた質問やらリクエストあれば答えられる範囲でこたえていきます。

↓ランキング参加中。他のサイトのリンクもあるからのぞいてみてちょーらい


はい、アメリカでの住の問題。

その次にわりと生活に余裕のある人たちのスタイルアパートです。

まず自分でアパートを探すパターンについて、

アメリカでアパートを探す場合日本のように不動産業者を探すというのはあまり一般的ではないです。

あまり英語ができない人向けに大都市であれば日本人の不動産業者があることがありますが少し割高になります、日本人向け不動産業者をつかうデメリットはやはり仲介手数料でしょう。英語ができないのに勉強もせずに留学してしまった人たちはしょうにはしょうがない出費ですが正直英語を話せる人には無駄のように思える日本人不動産仲介業者、

しかし英語が話せようが話せまいがこの業者に頼らざるを得ない場合もあります。そしてそれだけのサービスがを行う業者があるのも事実です。(私は使った事ないです、貧乏なので)

ずばり、メリットはソーシャルセキュリティーナンバーを持っていない場合でもこの手の業者に申し込めば入居できる可能性が高いです。

私の友達で今学生の子はかなり英語が話せますが、ソーシャルセキュリティナンバーをもってなかったのでこういった業者に頼まざるをえなかったです。(ソーシャルセキュリティについてわからない方はまた説明します)

まれに日本人はイメージがいいので、日本人は部屋をきれいに使ってくれるし家賃の滞りがないので大歓迎だというオーナーがいないでもないですが、ソーシャルセキュリティナンバーがなく、クレジットの証明ができない場合この方法をとるのは得策ではあります。

アパートがらみは書く事おおくてつかれるー><

また続きは明日

↓ランキング参加中。他のサイトのリンクもあるからのぞいてみてちょーらい




今日新しいアパートを探しにいきました。
アメリカでアパートを探す方法はいろいろあります。

今日は住のスタイルとアパートの探し方について話をしようと思っています。

まずこのブログはこれからアメリカ留学生活を始める人へのアドバイスとしてかいているので学生としての生活スタイルについてかきます。

まず日本人が留学ときいてもっともイメージしやすいホームスティ
これはアメリカ人の家庭で一緒に暮らし文化を学び英語も伸びやすいというメリットがあります。

逆にデメリットは日本人のよくいう文句は白人じゃない、ホストの英語が下手などと言うのをよくききますが

はっきりいってこれをいう日本人のほとんどはそのホストよりも英語が下手で下調べさえできずアメリカに妄想をいだいて遊学にきている失敗留学組です

アメリカは他民族の移民国家です。白人にも沢山の種類がありますし。よく日本人はメキシカンが英語が下手、スパニッシュを話す。といいますがメキシカンはアメリカのくくりでいえばホワイトです。

そして彼らは二カ国語話せるバイリンガル、日本人の感覚でいえばむしろ優秀といえるでしょう。

かつ彼らの英語はほとんどの日本人よりもネイティブスピーカーには聞き取りやすいです。

次にフィリピン人彼らも同様にバイリンガルですし彼らも日本人のほとんどより英語力が高いでしょう。

日本人の文句のいうホストファミリーはそんな感じです。

なぜかこういう事が起こるかというとホストファミリーというのはほとんどのホストは金目当ての商売であることが多いからです。

必然的にマイノリティの貧しい層の人たちが多くなります。なのでかなり当たり外れがあります。

実際私の友人はホストファミリーの息子から盗難にあい、現金とカードを盗まれました。

といってもこれはひとつの例で、逆に私の最初のホストファミリーはとても親切なメキシカンアメリカンで、彼らのネイティブイングリッシュスピーカーでした。彼らの生活は貧しいながらも精神的にすごく豊かで、一緒に小さいボートをもって湖に遊びにでかけたり、海にサーフィンに出かけたりしました。

私の知ってる例の中で最悪なのはホストブラザーの仕事が麻薬のバイヤーでステイしていた日本人は日本人相手に麻薬をさばく仕事をしていました。

彼女は最終、深夜に騒音をだした事で警察につかまり、警察3日、精神病院に一月入ったのち強制帰国でした。

ちなみにそのホストファミリーはホワイトでした。

なんで人種なんていうのはその人間を見るうえでまったく役に立たず、自分のホストの人種がーーだから嫌だなんて事を言う人はアメリカでなくヨーロッパにいってください。じっさいアメリカの差別はヨーロッパでのそれよりは大分ましですし。自分が差別される状況に立っていることにきずかず、「メキのホストはいやだ」とか言ってる人たちは日本にからでない事をお勧めします。

見事に話がそれましたねー

でーホストを希望する人で探し方です。

まー留学カウンセラーや。専門学校をでてサポートをうけるっていうひとは別として
一般的にホームスティ先は受け入れ先の学校のインターナショナルオフィスというところにリストがあったりします。そこにいるカウンセラーというのがまた学校によってピンキリなのですがその話は脱線するので又今度。

二番目に大きな都市であればホームスティの代行業者がいます。

どんどん話が長くなりますねー

続きはまた明日です。
↓ランキング参加中。他のサイトのリンクもあるからのぞいてみてちょーらい







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。